父の言葉。

 

 

 

 

「これ、ひとりでやる量じゃないよね」、と

来る人、来る人に言われてたけど、

そんな山盛りの材料(企業向けのお仕事)もだいぶ減ってきてうれしい。

(といってもまだ終わってない)

それでも、あと残り330個〜よっしゃ〜〜、という気分。

 

気が遠くなりそうな数をこなすときに思い出す、父の言葉。

 

「やっていればいつかは終わる」

 

 

まったくそのとおりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
リスペクト

 

 

















 

 

 

 

 

 

「 空師 」のおじさん。

 

最高に尊敬する人。

 

 

 

 

 

 

 

小手先なんかじゃないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


















































 

 

 

暮らし - -
    

 

 

 

お昼はささっと。

 

このごろ麺が多いです。

 

 

 

 

 

 

湯気でくもった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -

 

 

 

 

 

 

 

降りましたが、翌朝は快晴!

 

 

朝陽をあびて、森がキラキラ。

 

澄んだ空気を吸い込んで、今日も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
うちにもきました

 

 

 

 

インフルエンザ・・・

 

きつい・・・

 

いろいろきつい・・・(納期とか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
大寒

 

 

 

 

 

 

いろいろたてこんでるときにかぎって、

企業さんからの仕事はやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これも工場の維持には欠かせない。

しかし、問答無用の納期にいつも四苦八苦。

 

 

 

よく思うのは、企業さんの品質管理のレベルは

やっぱり個人じゃかなわない。

 

完成度の要求も厳しく、

ピリピリした空気感が図面からも伝わってくるくらい。

 

 

 

けれど、ものづくりでも、いろんな世界がある。

ということを知れるだけでも、ありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の手もかりたい。

 

 

「 ムリ 」(猫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
冬本番

 

 

 

 

 

こちらも雪降りました。

 

冬が本気出してますね。

 

寒い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ仕込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
こどものどうぐ

 

 

 

 

 

 

息子(2歳)の料理ごっこ見て、どうぐを作る。

 

 

 

 

 

 

大根のしっぽを切っている(つもり)。

 

包丁がわりは製菓用のクリームべら(母が持っていたもの)。

 

お皿はステンレスの打ち出し小皿(普段使っているもの)。

 

 

 

今回は、はっさくが焼かれている(?!)

 

こどもフライパン(直径13.5cm・鉄)を作りました。

 

目玉焼き1個分にちょうどいいくらいのサイズ。

 

実際に料理に使えます。

 

 

 

 

使えて、遊べる、こどものどうぐ。

 

ちょっとシリーズ化してみたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
スッキリ

 

 

東海、東京、関西と三大都市ツアーとなった豆皿市は

無事終了しました。

 

完売御礼!


 

終わってみると勉強になったなぁと感じることも多々ありました。

楽しかったです!

 

本当にたくさん作らせていただきました。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

---------------------------------------------

 

 

豆皿市のあとは相方の特別休暇もあったので

南の島に現実逃避に行ってきました。

(あたまのねじ、2〜3本どっかいっちゃった・・・)

 

仕事抜きの旅は十数年ぶりで(?!)いいリフレッシュになりましたが、

あらためて工場に戻ると、

やっぱり「作る」っていいなぁと。

 

私にとって、「作る」という行為は心の健康を保つのに欠かせないんだなぁ

と、思いました。

 

 

 

週末はアトリエを大掃除して、不要なものはリサイクルへ出してスッキリ。

今度は工場も片付けよう〜

(家の中は相方にやらせよう〜)

 

 

 

 

 

 

スッキリといえば・・・

 

 

 

 

仕事も家事も切れない刃物で作業するのがとにかくいやで、

頻繁に研いでます。

 

研ぎは下手だけど、スパッと切れるとうれしい。

 

 

 

 

 

 

夜中とか、明け方の、皆が寝静まったころに研ぐとよく研げる気がします・・・

今朝は朝焼けを見て、外で研ぎました。

寒かったーーー

 

 

 

東の空の、朝焼け。

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会は来年の2月までお休みです。

しばらく店舗への納品が続きます。

 

しばらく寒い日が続きますが、皆さんもお体ご自愛ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
夏。

 

 

残暑厳しい日が続いています。。

 

 

 

 

お盆休みも過ぎてさーて、という昨日、

 

帰省した相方の実家にこどものハンガーをひとまとめ忘れてきたことに気づき・・・

 

そうだった、わたし金属加工業だったね!

 

しかも、前に作ったことあったぞ、と思い出し。

 

 

急遽、作りました。

 

 

 

 

 

 

自宅用なのでかなりアバウトですが、

 

一度やったことがある作業だと手早くできます。

 

儲からないけど、いろんな種類のものを作る経験て、大切。

 

 

 

 

わたしも来年、10周年。(たぶん・・・)

 

 

その前に、友人のお店も今年、10周年だそう。

 

同じ群馬にいながらも、あちらの方が気候が厳しいので

 

生活するだけでもかなりのパワーがいると思います。

 

そんな中でたくさんの経験を重ねて、

 

心身ともに筋肉が付いて(?)

 

ヒト回りもフタ周りも成長していてなんだかまぶしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄工所をはみだしてはじめたものづくり。

 

いちばんはじめ、私の背中を押してくれたお店はふたつあって、

 

(友人のお店と、もうひとつはここ

 

なかなか行けないけれど、彼らの場所を思うだけで

 

初心を思い出して、感謝の気持ちが沸いてきます。

 

 

 

 

 

毎年繰り返す夏。

 

繰り返す、ものづくり。

 

蝉の大合唱の中、暑さでフラフラしながら、

 

また今日も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし - -
| 1/19 | >>