run away

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

&Rに向けてあたらしいもの。

 

 

 

たてオーバル。

 

 

一枚モノなので、

 

パンの部分をしぼるとき持ち手のセンターがずれないようにするのが

 

むずかしいところ。

 

いつもミリ単位で芯を見る。

 

神経使うし、非常に目が疲れる。

 

持ち手は後付けにしようか、と心が負けそうなときもある。

 

 

 

 

 

制作中の気持ちとは裏腹に

 

キッチンへ運ぶととても楽しい「どうぐ」になった。

 

料理するとき、わくわくした。

 

 

 

 

 

 

そしてまた作ってしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月20日(月)−30日(火)
「台所の道具たち展」

遠藤マサヒロ(木工)
中村智美(鉄)
 

場所:〒275-0012
    千葉県習志野市本大久保3−8−3 
    gallery&rental space 林檎の木 地下2階
    andR 2階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>