くうきをのみこむ

 

 

 

ああうつくしいな、とか

ひととひととのあいだに流れるよい空気感とか

最高のタイミングで出される一皿とか

 

そんなことに出会うとき、写真を撮らなくなった。

もうずいぶん長いことそうしている。

 

 

そこにしか、その瞬間にしかない、なにかを

全身の触覚を立たせて受け取る。

 

それは次に自分がなにかを表現するときの栄養源。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は写真と現物がずいぶん違うなあ、と感じることが多くなりましたのうー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メールの返信お待たせしています。

 順番に対応していますのでしばしお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>