親和性

 

 

 

 

 

薄暗い森の中で、わずかな木漏れ陽の間に白く匂い立つ山ユリの花は

 

それはそれは色っぽい。

 

朽ちゆく姿もまた。

 

ただただ眺める。

 

 

 

という初夏の楽しみを忘れて、草刈り機の勢い余って

 

小さなユリの芽を丸刈りにしてしまい反省中の中村です、、、

 

 

 

 

 

 

自然は脅威でもあるけれど、

 

自然は先生でもあり。

 

 

 

 

 

木々も鳥も虫も、森の中で美しく親和する姿を目の当たりにして

 

自分の作るものもこうでありたいと学ぶ。

 

控え目に、秘めたる技術をもってつくりたい、と思うことが多くなったと同時に

 

金属に対して自由でいたいとも思うようになった。

 

 

 

こどもを持って、作品も変わったねと言われるけれど

 

その通りだと思う。自覚症状あります。

 

ひとって変わるものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は森に大きなフクロウがやってくるようになった。

 

ホウ、ホウ、と夜のはじまりを知らせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>