時間軸

 

 

 

 

深夜三時に毎晩私を起こしにくるクロネコよ。

 

起こされなくても三時に目が覚めるようになってしまったよ。

 

ほんのり寝不足感のせいなのか、目疲れがひどい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前に

 

ものづくりを見栄えのよいところだけ断片的に見る今の時代とは

 

別の時間軸が流れてる職人さんの仕事を見る機会がありました。

 

そういう時間軸の中で年を重ねている姿は

 

もう、ただただ、憧れ。

 

彼らの言葉、姿勢は、磨かれた玉のように実直で。

 

 

 

 

あちらの時間軸へ行くにはどうしたらいいんだろう?

 

あの日から巡らせ迷いながらも、手を動かしてみています。

 

何もかも足りないことだらけだけど

 

今は、手だけが道標。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
| 1/497 | >>