power of music 2 !
峠を越えるとき、ヘアピンカーブがくるたび体にかかる‘G’も、
ここへ行くためなら心地よいもの!

緑の小道を抜けて向かった、その先は。

 

 

 

 

 

 


‘ tico moon LIVE at 麦小舎 2009 ’

また今年も行っちゃいました。

ticomoonのおふたりの奏でる、澄み渡る音色。
秋晴れの空、さわさわと抜ける風。
木々のざわめき、鳥の声。
葉っぱの間から降り注ぐ木漏れ日。
小さな焼き菓子に、コーヒーの香り。
(そして時々、虫。)

つまりは、「 五感を潤す時間 」になっちゃってるわけで。

ここで聴いちゃうと、締め切った自然光の入らないLIVE会場には
行けなくなっちゃうんだなー。
ホントよかった〜〜よかったよ〜〜〜

ticomoonさんともお話させてもらって、うれしかったです。
A子さんありがとう〜またやってねー。

やっぱ、音楽の力は、素晴らしい!






お出かけ comments(2) trackbacks(0)
打ち上げ花火。


今夜は高崎の花火大会へ。
久々に浴衣を着て出かけました。

残念ながらしとしと、雨がぱらつくあいにくのお天気。
そして、8月の夜とは思えない涼しさ・・・

でも、ドドーンと夜空に響き渡る打ち上げ花火はキレイでした。

下駄を鳴らして歩くのも、
うちわ片手に(傘も片手に)お祭りの人ごみをかきわけて進むのも、
とっても久しぶり。

大人になっても季節感だけは大事にしたいなぁ、
と思ってはいても、忙しさに負けてしまう毎日。
たまには思い切ってこんなお出かけも、いいもんですね。

しかーし。
お祭りの福引のくじは、「参加賞」・・・。
ちぇっ。( ←沖縄ペア旅行券を真剣に狙ってた人 )

小さな夢も、花火のごとく夜空に散ったのでした・・・









お出かけ comments(0) trackbacks(0)
会いたかったのは。

梅雨空もひと休憩。
今日は久々におてんとさまが顔を出しました。

さて。
先日のブログで会いたかった、と書いたのは、ずばりこの方



部長!(笑)

そうです、部長こと、猫のピッチ君とそのご主人である
「 ありんこ菓子店 」さん。
麦小舎さんがご縁をつないでくれました。

実は、お会いする前から、プンプン匂っていました。
そう、ただならぬ 「 美味しい 」の匂いが!
(こういうハナは利くのが私の自慢。)
そして、ありんこさんのお菓子をいただいて、そのハナの良さにますます
自信がつきました!

シンプルな姿、素材の食感、品の良い甘さ、鼻に抜ける香り、余韻。

この美味しさを、言葉で伝えきれない自分がもどかしい。
ありんこさんのお住まい&お店にも、お邪魔させてもらいましたが、
これがまた、素晴らしく。



その暮らしぶりも、やっぱり一筋通った方なのでした。
あたりまえかもしれませんが、
丁寧な暮らしの上に、丁寧な手仕事は成り立つものなのですね。

きっと、このタイミングでありんこさんに会ったのも
私のダメダメ生活を早くなんとかせい、ということなんでしょうね?
おてんとさま。













お出かけ comments(4) trackbacks(0)
杜の市。


駒ヶ根から帰ってきました。
一日だけの予定が、周囲の要望もあって結局、二日間出展。(笑)

お医者さんにもらった 「 魔法の腰バンド 」のおかげで
腰も調子がよかったのです。 お天気も見てのとおり。


 

こちらは菅の台会場。 
杜の市は、道路をはさんで二会場に分かれて出展。
初参加の私は、一番上の写真のところ。駒が池会場でした。

松本で出展されていた方も何組かいらっしゃいました。
皆さん、声をかけてくれてうれしかったな。


 

こちらもその一組。「チロ」が気になる 「マサチロ雑貨店」さん。
木工の二人組さんなのでした。




おとなりに出展されていた、この道具屋さんは、問屋さんかな?
と思っていたら。
この刃先を作っている 「鍛冶屋さん」でした! ブラボー!

来年70歳を迎える良作さんと息子さんのお二人は、その名も「高田製作所」。
松本にも出展されていました。 素晴らしく高い技術力。

お互いに鉄を扱っているということで、意気投合。
良作さんは、私に興味津々になってしまったらしく(笑)
一時間おきに、私のテントへ遊びに来ては技術会談。
私もすっかり、「 良作ファン 」に。

良作さん親子は憧れの姿。私もあんなふうになりたかったな。
これからもガンバレ 「 親子製作所 」!


今回も本当にたくさんの方々との出会いがありました。
すべての皆々さまへ、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。!


そして、今週末はもうひとつ。
麦小舎さんの 「地蔵堂マルシェ」へ参加します。
私は、14日のみの参加です。
北軽井沢の森も、とっても気持ちのよいところ。ぜひ、足をお運びください!


***** メールの返信遅れております。
    必ず返信しますのでのんびりお待ちくださいな。










お出かけ comments(0) trackbacks(0)
帰ってきました。
クラフトフェアまつもと、無事終了しました。

見事などしゃ降りでしたね、二日目(笑)。
前日から嫌な予感はしていました。
だって、この暗雲たちこめる松本城・・・



今年は、はなれ小島での出展(笑)にもかかわらず、
あのぬかるんだ砂地を越えて、探したよ〜!と足を運んでくださった方、
お声をかけてくださった方、
励ましてくださった方、
お買い上げくださった方、
遠くからきてくださったお店の方々、

そしてそして、応援に来てくれた友人達とそのファミリー、
美味しい差し入れ、
フォローしてくれた家族、相方、
ひとりで留守番をがんばったコキチも、
みんなみんな、本当にありがとうございました!


帰ってすぐに、父の病院へ報告に行きました。
お土産に買った、豆工房さんのシュークリームをほおばりながら、
うれしそうに話を聞いてくれました。
本当によかった。

今回は昨年以上に、意味のあるものになったと思います。
(裏話はまたのちほど)

今年もあと半分なんですね。
ひいてしまった「ジョーカー」のカードでどうプレイするか
今後のわたしをどうぞ見守っていてくださいね。

あらためて。

これからもよろしくお願いします!



松本でお気に入りのお蕎麦屋さんの、看板犬。








お出かけ comments(3) trackbacks(0)
行ってきます!
本日、いざ松本へ出発。

良いも悪いも、雨が降るも降らないも、
これもまた、運。

言い訳はしませんぜ!

今の私はサイコーにかっこ悪いけど、
サイコーにかっこつけて、すました顔して店番してます。

もし見かけたら笑ってやってくださいな。
ではでは、行ってきます!
お出かけ comments(0) trackbacks(0)
気になる気になる。
冬の青空はいいもんです。

家事もサクッとこなして、今日はちょこっとお出かけしてきました。
久々に買い物。
むふ。セールってスバラシイ。



写真は、通りがかるといつも気になる工場。
車の中から撮ったのでうまく写ってませんが。。

山の斜面一体に、古い工場が立ち並んでます。
そう、ちょっぴり、ラピュタの世界!
夕暮れ時なんてうつくしいくらい。

でた〜っ、工場フェチ(笑)!



お出かけ comments(4) trackbacks(0)
登っていこう。
冬晴れの休日の朝。
ペットロスで、どよーんとしている私を、
相方がハイキングに誘ってくれました。

北軽井沢にほどなく近い、浅間隠山(標高1756m)。
相方の趣味は登山。
アルプスなど3000m級のお山もこなす本格派。
とてもそんなところにはついていけないけれど、
でも、この山は私のような超ド素人にもOKなところ。

登り口に到着すると、山道が雪で真っ白に・・・



積雪は20センチくらいあったけれど、
誰かが歩いた跡と、標識を頼りに、ゆっくりのんびり登ってみました。
気温はマイナス。
けれど、片道二時間の道のりを行くとほどよく汗ばんできます。

青空の冴える雪山は、静か。
雪の上にはたくさんのケモノの足跡があって、
急斜面に差し掛かって途中で引返したり、
足跡が熊笹の中へ続いていたり、それを見ているだけでも
けっこう楽しい。

山頂にたどり着くと・・・



どーん、と浅間山の全景が待っていました。
それはそれは、感動的で雄大な眺め!
火口からは噴煙も上がっていました。

山頂でクッキーとバナナとお茶を飲んで一休み。
バナナは、冷凍バナナになってましたけど(笑)

相方が、まあまあでしょ?けっこういいでしょ?意外といいでしょ?
と、質問攻めをするもんだから、
「うん、そうだね」
「うん、いいかも」
「うん、すごくいいところだね!」と答えているうちに、
なんとなく元気になった気がしました。

・・・いつまでもメソメソしてちゃいかんね。
また、登りに行こ。気持ちも、ね。
さんきゅ。相方。
お出かけ comments(2) trackbacks(0)
この瞬間のために、旅をする。
世の中は、青空の三連休。
やることはてんこもりなんだけれど、
最後の一日は、お休みをいただいてあるものを求めて旅に出てきました。

それは、できれば秘密にしておきたいけれど、
でもやっぱり言ってしまいたい、とっておきの、もの!



清水牧場のチーズ。

長野県の野麦峠付近。
不安になるようなガタガタの林道をずっと入ったお山の中にある牧場です。
牛さんや羊さんの生乳からチーズやヨーグルトなどを生産しています。

最近は雑誌などでも取り上げられて遠方からのお客さんが
たくさん訪れていました。
おかげで4ヶ月待ちのチーズもあるとか。

私は、とりあえず店頭に並んだ全種類を端から端まで
少量ずつながらも大人買い。(笑)
つまりは、だってもうそうそう来れない距離なんだもん〜とつぶやかせ、
財布の紐をあっけなくゆるめてしまう、魔性のチーズ。

牧場はまるで外国の景色のような雄大な高原。
いくつも清水が流れていて、毛艶のいい牛さん達がのんびり。

このチーズには、「素」という言葉が似合うと思う。
良質な生乳の、素直な美味しさ。
きっと、誰にでもできるようで、できない技なんだろうなぁと思う。
これは私も、ものづくりの立場から目指すところ。

一度食べると忘れられなくなるほどのお気に入りは、これ。
「山のチーズ」をフライパンで焼いて、
半分溶けたところを、すいっとすくって食べる「焼きチーズ」!



秋の夜長。
ワインと薄くスライスした天然酵母のパンを片手に
とろけたチーズをぱくん!
むふふふ。

この瞬間のために、旅する胃袋はどこまでも。


お出かけ comments(0) trackbacks(0)
秋の帰省。
まずまずのお天気だった週末、相方の実家・愛知へ帰省してきました。

実家は、三河湾に面した海辺の小さな町。
車で7時間。
なかなかの距離なので、いつも旅気分。
今回は行事もあって、「 地元感 」たっぷりの旅となりました。

で、ちょっとリポート。

漁業が盛んな町なので、水揚げした場所で朝から魚市場が開かれます。
新鮮な魚を、箱買いできちゃう!


市場では、「いらっしゃいませ」、なーんてご丁寧なことは言いません。

「 っしゃい!! 」(笑)

ここでは、私のイカ焼きランキング日本一!の美味しいイカ焼きが
食べられます。
しょうゆ味ではなく味付の粉にまぶして、プレスして焼きます。
注文してから焼いてくれるので、はふはふしながら
焼きたてを熱いうちに食べるのが最高にサイコー。
これは帰省したら、必ず食べます。


こちらは近所の神社に揚げられた、大きなちょうちん。
この日、ちょうど秋祭りが開かれていました。


神社の境内ではカラオケ大会。
客席からワハハと大爆笑が聞こえたので、なんなの?なんなの?と
駆け寄ってみると・・・
小学生の男の子が、「 悲愴感〜、悲愴感〜♪ 」の歌を
「 秘宝館〜、秘宝館〜♪ 」と歌っていた・・・

あぁ〜もう、頭の中にメロディが残っちゃうよ(汗)。。。
口ずさんでしまうではないか・・・


そして、相方の実家は今、家を建て替え中。
大好きだった築80年の古民家は跡形もなくなっていて
すごく悲しかったけれど・・・
お話した大工さんが、そういう想いも込めて新しい家を建てるからね、と
言ってくださってホッとする。

こちらは、建築現場で。 まきまきになった、釘。


足場の下に置いてあった鉄板。建築会社のマークが溶接で書かれて
いました。 なんか、かわいくて。


気が付いたら、ぜんぜん建築の写真がなかった。。


お盆のころに帰省するのよりも、ずっと快適なこの時期の長距離ドライブ。
紅葉には少し早かったのが、ちょっと残念。
でも、相方の家族はもちろん、親戚ともゆっくりお話できる機会があって、
たくさんの元気とお土産をもらって帰ってきました。

いつもあったかく迎えてくれてありがとう。
また、ちょくちょく顔を見に行くね。




お出かけ comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>